結婚式でゲストに可愛いメッセージカードを作成しよう!

結婚式のメッセージカード作成ガイド

>

結婚式でゲストに贈るメッセージカード特集

カードのサイズやデザインを考えよう

結婚式のメッセージカードは、メッセージが長くなりすぎないように、名刺よりちょっと大きめのカードが一般的です。結婚式会場でどのようにゲストに渡すかをイメージして、デザインを選びましょう。
ゲストが席についてすぐに手に取れるように席札として置くか、引き出物に添えるか、受付で渡すか、カードのデザインを考える段階からイメージします。
席や引き出物に添える場合は、封筒に入れず、席に着いたらすぐ手にとってもらえるようにかわいらしく個性的に用意しましょう。席札とセットのデザインも個性的で目立つでしょう。
受付で渡す場合は、最初にゲストに読んでもらえるよう封筒入りのカードにします。
ただ当日は受付も忙しいので、できれば会場の席に用意するのがおすすめです。

メッセージカードを手作りしよう

市販のメッセージカードで物足りない方には、手作りのカードをおすすめします。
言葉だけでなく、パソコンで二人の写真や思い出の写真を印刷したカードを作っても印象的です。メッセージカードごとに写真を変えると、同じテーブルで盛り上がるかもしれません。
その場合も、手書きのメッセージの方が、ぬくもりがあって心がこもった印象になります。二人でコメントを書き添えて、気持ちを伝えてください。
メッセージカード台紙に、写真やシール、花などを貼って、個性的なカードを作ることもできます。
メッセージカードはとても手間がかかる作業です。その分、ゲストにとってサプライズでうれしい演出で、ゲストに感謝の気持ちを伝えるための一番の演出です。


この記事をシェアする
TOPへもどる